構造設計屋が考える最良の木造住宅

家の柱にホワイトウッド集成材を使用するのはどうなの?

更新日:

 

現在、木造住宅の柱の主流となっている材料はホワイトウッド集成材がほとんどではないでしょうか?

見た目が白っぽい綺麗?な材料です。

これは北欧から輸入されている白い松(通称:ホワイトウッド)と呼ばれる木材です。

個人の意見ですがハッキリ言います。

この材料を使って家の荷重を支える柱に使うのは疑問に思います。

実際にこの材料を見て触るとわかりますが

ヒノキの様な木肌もなく艶が無い。しかも軽くて軟らかい。

軟らかいのは柱の弱点になります。

シロアリも堅い木より軟らかい木の方が食べやすいので、家が食われる可能性があります。

ある専門家の話では

[ホワイトウッド(集成材)を使っていて住宅の耐久性について言うと無責任になるよ。

あれほど腐朽の早い耐久性の低い柱は無い。家の構造材に使うなんてもってのほかだ。]

 

ホワイトウッド特徴

乾燥には時間はあまりかかりませんが、乾燥後も変形する傾向がやや見られるようです。

しかし、現在は集成材とする事でこの欠点は補えるようになってきています。

強度に関しては弾力性があまりなく、一般的に良材と呼ばれているものより、やや低いレベルだと言えます。

特に曲げに対する適正がないので、曲げ加工には不向きです。

切削加工については材が少し軟らかい事もあり、初心者でも容易に加工する事ができます。

釘やネジを使った際も割れる危険性は低く、問題なく使用できます。

耐久性はあまりなく、辺材部分は虫の害を受けやすいようです。また、湿気に対する耐性もやや低いと言えます。

⇒木材博物館から引用しました

 

まとめ

今回の記事はいかがだったでしょうか?

建築会社にとっても建築費を安く抑えられるホワイトウッド。

しかし、安いからと言っても大金を払って購入する住宅です。

内装・外装だけでなく、人間では骨となる家の構造にも注意して選んではどうでしょうか?

 

 

 

 

 

-構造設計屋が考える最良の木造住宅

Copyright© 中年男が気になる情報サイト , 2018 AllRights Reserved.