7月・8月・9月 風水 夏の土用丑の日

【風水】夏の[土用の丑の日]とは?ウナギを食べる意味と由来

更新日:

 

 

2017年夏の[土用丑の日]は7月25と8月6日です。

 

 

 

『土用』の意味

 

 

[土用]は夏に限らず、年に4回あります。

 

春の土用:立夏の前の18日間(4月17日~5月5日頃)

 

夏の土用:立秋の前の18日間(7月20日~8月7日頃)

 

秋の土用:立冬の前の18日間(10月20日~11月7日頃)

 

冬の土用:立春の前の18日間(1月17日~2月4日)

 

 

この土用というのは[五行]で定められた暦で、

 

中国の五行思想では、

 

春は木の気

 

夏は火の気

 

秋は金の気

 

冬は水の気

 

に支配されると考えます。

 

春から夏

 

夏から秋

 

秋から冬

 

冬から春へ

 

移り変わる季節の変わり目の18日間は、土の気に支配されるとしたことから、

 

これを[土用]と呼んでいます。

 

土用の期間は[普段は穏やかな土の気が盛んになり、乱れる期間」

 

といわれ、土を動かしたり、穴を掘ったりする事が戒められています。

 

 

風水でも、

 

[季節の変わり目は、太陽と大地のパワーバランスが乱れ、ゴタゴタが起こりやすい]

 

と考えます。

 

実際、地鎮祭や基礎工事はこの時期を外しています。

 

[下手に土いじりをすると、お腹をこわし熱を出す]ともいいます。

 

 

 

『丑の日』の意味

 

 

[丑]というのは、鬼の出る鬼門方位を表します。

 

[丑三つどき]とは、お化けや幽霊が徘徊する時刻。

 

つまり、[土用丑の日]とは、[危ない日]というわけです。

 

[こういう危ない日は、栄養たっぷりのウナギを食べて体力をつけ、悪いものを遠ざけよう!]

ということから、牛の日にウナギを食べる習慣が始まりました。

 

 

ウナギはビタミンやミネラル・タンパク質が豊富ですから、

 

猛暑で疲れた体にパワーとスタミナを補給してくれます。

 

 

『土用丑の日』の由来

 

 

春の土用は頭がボーっとして五月病にかかったり、

 

秋の土用は枯れ葉が散り、いつになくセンチメンタルな気持ちになり、

 

冬の土用は厳しい寒さが続いて、体調を崩しやすいもの。

 

夏の土用は猛暑で食欲が落ち、夏バテにかかる人も少なくありません。

 

そこで、[栄養のあるウナギで、夏を乗り切ってもらおうではないか!]と、

 

ウナギ屋さんが提案したのが、[土用のうなぎ]です。

 

ウナギ好きの江戸時代の科学者・平賀源内が、

 

ウナギ屋さんから頼まれて考えだしたのが、

 

[本日、土用丑の日]

 

というキャッチコピーでした。この平賀源内の発案が功を奏し、

 

ウナギ屋は大繁盛したそうです。

 

 

『ウナギを食べるのは夏限定?』

 

 

これは、当時の平賀源内が起源とされる、ウナギを食べる風習が[夏]だったから

現在[土用丑の日]と言えば、夏の土用丑の日になります。

 

本来ウナギの旬は冬の為、夏にウナギはあまり売れなかったそうです。

売れないウナギを売るために、旬でない[夏]の時期に

ウナギを食べる風習を根付かせたともいわれます。

 

 

『ウナギで恋愛運アップ!』

 

 

恋人募集中の人はもちろん、好きな相手と相思相愛になりたい人は、

二人でウナギを食べるとよいです。

 

土用の丑の日は1回だけでなく、2回めぐってくる年もあります。

 

 

この日は恋愛運アップのチャンスですから、

 

しっかり暦をチェックして楽しく過ごしましょう。

 

関連記事

お月見

重陽の節句

お盆

夏の土用の丑の日

お中元

夏越しの大祓

お宮参り

端午の節句

花祭り

お花見

春のお彼岸

ひな祭り

出産祝い

 

 

『参考書籍』

 

 

[Drコパの日本のしきたり風水術]から引用しています。

 

 

『まとめ』

 

 

今回の記事はいかがだったでしょうか?土用の丑の日の意味がわかりました。

意味を理解してウナギを食べれば気持ちが入りますね。

 

 

 

 

-7月・8月・9月, 風水, 夏の土用丑の日

Copyright© 中年男が気になる情報サイト , 2018 AllRights Reserved.