4月・5月・6月 風水 夏越しの大祓

【風水】夏越しの大祓(なごしのはらえ)|夏を無事に越し、罪や穢れを祓う行事です。

更新日:

 

 

【風水】夏越しの大祓|夏を無事に越し、罪や穢れを祓う行事です。

 

 

 

 

6月と12月のみそか(30日)に、半年間の罪や穢れを祓い清める大祓が行われます。

 

6月30日、主な神社では、夏を迎える為の準備と

年明けから半年間で身についた厄を祓うために、

夏越しの大祓(夏越しの大祓)という行事が行われます。

 

 

[なごし]は[和し]からきていると聞きます。

 

神社では、カヤで作ったチガヤの輪をくぐる行事が行われます。

 

※茅の輪くぐりは、正月から半年間の穢れを祓い、

残り半年の無病息災を祈願する意味があります。

 

 

⇒茅の輪くぐりの作法[動画]

 

 

 

 

穢れを人形に託してそれを水に流す行事を行います。

 

 

 

 

[夏越し]というだけあり、夏を無事越すために、

罪や穢れを祓うために大祓をすると考える事が出来ます。

 

 

1年の半分が過ぎ、区切りがよいからという方もいますが、それだけではありません。

 

この時期は、他に比べるとストレスも負担も多くなります。

 

大祓はその証ではないでしょうか?

 

 

6月は直観力をわかせ、才能を開花させる大切な月ですから、

伸び悩んでいると感じているなら、神社を訪れてよく祈願します。

 

 

夏越しの大祓は人の和の大切さを教えてくれる神事です。

 

 

今までに1度も6月30日に神社を訪れたことが無い方がいましたら、

今年こそ神社を訪れてみてはいかがでしょうか?

 

関連記事

お月見

重陽の節句

お盆

夏の土用の丑の日

お中元

夏越しの大祓

お宮参り

端午の節句

花祭り

お花見

春のお彼岸

ひな祭り

出産祝い

 

 

『参考書籍』

 

[Drコパの日本のしきたり風水術]より引用しています。

 

 

『まとめ』

 

今回の記事はいかがだったでしょうか?

1年の半分が過ぎる時期に神社を訪れて夏を無事に乗り切りたいと思います。

 

 

-4月・5月・6月, 風水, 夏越しの大祓

Copyright© 中年男が気になる情報サイト , 2018 AllRights Reserved.