生活習慣病予防 紫外線対策 日焼け止め

男も日焼け止め!飲む日焼け止め対策[ホワイトヴェール]に注目しています

更新日:

日焼け止めは女性限定のイメージってありませんか?

僕は黒い肌が男性的で男らしいと、ずっと思っていました。

だけど、そんな考え方も40代になってから考えが少し変わりました。

 

日本、日焼けによるリスク で検索した結果、以下の内容が出てきました。

近年、日本の多くの学者や医師は、

医学的にも「紫外線には当たらないほうが良い」ということが

実証されているとして、

日焼けに対して(天然、人工、問わず)シミ、そばかすを増やし、

皮膚を老化させ皮膚癌白内障を発症、誘発し皮膚の免疫力までも低下させる

行為として治療以外の使用を否定している。

ファッション、精神的に日焼けを行う場合もサンスクリーン剤の使用を

推奨している。

日本においては日照不足によるビタミンD欠乏症は稀であり、

日常生活におけるわずかな紫外線と食生活でビタミンDを十分生成することが

できる。

 

なお、ヒトにおいては、午前10時から午後3時の日光で、少なくとも週に2回、

5分から30分の間、日焼け止めクリームなしで、顔、手足、背中への日光浴で、

十分な量のビタミンDが体内で生合成されるとされている 。

近年、CFCクロロフルオロカーボンフロンの一種)による

オゾン層の破壊による日焼けの発生とその深刻な問題が、

世界的に、特に南半球において増大しており、

オゾン層破壊と周期的なオゾンホールの発生が、

紫外線を危険なほどに高いレベルまで透過してしまっていることが懸念されている

参考サイト:ウィキペディア

中年男性に心掛けて欲しいこと

特に中年を過ぎた年齢では

過剰な日焼けはシミとなって跡が残る可能性が高いそうです。

(他にも、ソバカス、感想によるくすみ、小じわ、肌荒れなど・・・)

肌のくすみやシミは老いた顔に見られてしまいますから気をつけないと・・・

今年の夏からでも遅くないので、男も日焼け止めをする必要があると思い情報を共有します。

紫外線が多い季節と時間帯は?

夏が多いのはもちろんですが、

5月位からは夏と変わらない位、紫外線が増えてくるそうですね。

紫外線のピークは[5月~9月位]でした。

参考サイト:日最大UVインデックスの月別累年平均値グラフ(気象庁)

 

では時間帯のピークは、[9時~14時位]でした。

参考サイト:月最大UVインデックスの時別累年平均値グラフ(気象庁)

 

日焼け止め対策について

続いて、

日焼け止め対策で検索した結果です。

  • 夏でも長袖を着ている
  • 日焼け止めを塗っている
  • 日傘をさしている
  • サンバイザー・UVガードの手袋をする など・・・

確かに有効な日焼け止め対策だと思いますが、男性でやるのか?

といった話になりますので、更に調べていった結果

気になる記事に辿り着きましたので報告します。

飲む日焼け止めのCMを観たことはありませんか?

 

⇒以下のYOU TUBEの動画がわかりやすかったです。

飲む日焼け止めのメリットとは?

  • 日焼け止めの塗り忘れを防ぐ
  • 日焼け止めの塗りなしの手間がかからない
  • 敏感肌でも使える
  • 天然由来のサプリなので副作用がなく安心

注目されている飲む日焼け止め[ホワイトヴェール]

塗るだけではカバー出来ない部分や、

塗ってもベタベタするなど・・

今までは我慢していた日焼け止めの悩みが簡単に解決し、時間も短縮されそうですね!

【飲むだけで紫外線対策!】という今年の夏 必須アイテムだそうです。

 

公式サイトでは初回980円で購入出来るそうですよ。(公式サイト)

僕もまだ購入をしていませんが、海外セレブも愛用している!

という事で興味があります。

「日焼け止めをしなければ」と思っている

男性の皆さんも1度検討をしてみてはどうでしょうか?

公式サイトはこちらから

 

インスタグラムでも話題沸騰中でした!

 

-生活習慣病予防, 紫外線対策, 日焼け止め

Copyright© 中年男が気になる情報サイト , 2018 AllRights Reserved.