7月・8月・9月 お中元

【風水】お中元(7月15日)で人間関係運を更にアップ|日頃お世話になっている人に感謝の気持ちが伝わります。

更新日:

 

【風水】お中元を贈れば日頃お世話になっている人に感謝の気持ちが伝わります。

 

 

 

 

『お中元』の由来

 

 

お中元を贈るという習慣は、中国に伝わる作法の一つです。

 

上元(1月15日)中元(7月15日)下元(10月15日)という三元の考え方がありました。

 

そして、中元の日にもてなしをすると、今までの罪が許されるとされ、

金品を送る習わしがあったそうです。

 

 

これがお中元の起源です。

 

 

お中元は人間関係のゴタゴタを処理しようというものだったのです。

 

 

また、日本ではその地方の時期に合わせて、

仏様にお供えする物を贈る風習があったので、

お盆の時期にお中元を贈るというイメージが残っています。

 

 

 

『お中元を贈る時期』

 

 

お中元を贈るのは7月上旬から15日頃までに贈るのが一般的です。

これは、お盆の時期によりけりで、地方によっては多少ずれます。

 

※8月にお盆を行う地域(主に関西地方)の方へは、

8月1日から8月15日までに贈ることが多いそうです。

 

※お中元の時期は、関東や関西など地域によって違う場合がありますので、

ご注意下さい。

 

 

 

『お中元に贈る品物は?」

 

お中元は、日頃お世話になっている人に感謝の気持ちを伝えるものです。

 

しかし、それにかかる費用もバカになりません。

 

そこで、贈るなら人間関係をよくして、

更に自分の運をアップさせる風水ならではのお中元を贈りましょう。

 

自分の家から見て、相手の住んでいる方向をチェックして下さい。

 

 

北方位なら有名ブランドのお茶や洋菓子。

 

東北方位なら漬物や佃煮。

 

東方位はワイン・クッキー・ビール。

 

東南方位は高級な和菓子や伝統的な和菓子。

 

南方位は日本酒・海苔・乳製品。

 

南西方位なら牛肉やハム。

 

西方位は果物やジュース。

 

北西方位はそうめんなどの乾麺を。

 

 

相手に望む運気によっても贈るものが違ってきます。

 

事業運アップ--牛肉・牛肉の佃煮・ハム・ソーセージ・スモークチキン・コーヒー

 

企画力アップ--カニ缶や鮭などの魚介類・甲殻類。

 

夫婦円満--日本酒や小魚の佃煮。

 

子宝運と不動産運アップ---漬物。

 

健康運アップ---果物や梅干し・ジュース。

 

交際運アップ---パスタなど麺類の詰め合わせ・石鹸・洗剤。

 

人間関係運アップ(義理や付き合い)---そうめん・うどん・みかんなどオレンジ色の果物。

 

 

全体運アップ---味噌や醤油。

 

金運アップ---ビールやカレーの詰め合わせ。

 

 

 

『お中元のマナー・お礼状』

 

 

お中元は日頃からお世話になっている方へのお礼であり、お祝いではありません。

その為 もらった場合、お返しの必要はありません。

 

ただ、お礼状だけは出すことをお勧めします。

 

相手に品物が届いた事を知らせる意味でも大切です。

 

お礼状には品物対する感謝の言葉だけでなく、相手の心遣いにも感謝の気持ちを伝えます。

 

 

『お中元ののしの書き方』

 

お中元を贈る時期によってのしの書き方は変わっていきます。

 

7月上旬から7月15日の中元まで:[御中元]

 

7月15日以降から立秋頃まで:[暑中御見舞]

 

立秋から9月上旬まで:[残暑御見舞]

 

が良いと思われます。

 

関連記事

お月見

重陽の節句

お盆

夏の土用の丑の日

お中元

夏越しの大祓

お宮参り

端午の節句

花祭り

お花見

春のお彼岸

ひな祭り

出産祝い

 

 

『参考書籍』

 

 

[Drコパの日本のしきたり風水術]より引用しています。

 

 

『まとめ』

 

今回の記事はいかがだったでしょうか?

お中元を贈る機会が少なくなってしまいましたが、大事な時期に贈るお中元を大切にしたいです。

 

 

-7月・8月・9月, お中元

Copyright© 中年男が気になる情報サイト , 2019 AllRights Reserved.