登山 自然

須走ルートの山開きは2017/7/10(月)登山ベストシーズンはいつ頃?

更新日:

 

須走ルートの山開きは7月10日になっていますが

実際この時期に登山しても山頂の方には雪も残っており、

初心者にとっては危険な登山となるそうです。

梅雨の時期とも重なっていますので、ベストシーズンはいつ頃なのか?

過去の梅雨時期・気象データから調べましたので、参考にして下さい。

富士登山のベストシーズン

須走ルートの山開き期間は7月10日~9月10日ですが、

ベストシーズンは梅雨明けの7月20日以降~9月上が天候も安定して良いと思われます。

7月上旬の梅雨の時期は天気が崩れやすく、足元が不安定になります。

雲の上まで登れば晴れていると思いますが、初心者の方の登山は難しくなります。

景色も見えませんし雨が降っていると登っていても楽しくありませんので

梅雨時期の登山は控えた方が良いと思います。

富士山過去の梅雨明けはいつ頃?

2010年:7/17日頃

2011年:7/9日頃

2012年:7/25日頃

2013年:7/6日頃

2014年:7/21日頃

2015年:7/10日頃

2016年:7/29日頃

⇒2017年の梅雨入りと梅雨明け(速報値)[気象庁]はこちらから

平均では7/20日以降が梅雨明けになっている可能性が高いと思います。

富士山山頂の日の出の時間はいつ?

富士山五合目を夜の8時位から出発し、寝ずに登り続けご来光に間に合うように頂上に登る。

とにかく時間が無く、ハードスケジュールの予定を立てている登山者の方もいると思います。

確かに山小屋での宿泊代などの節約になったりしますが、急いで登ると高山病になりやすく

疲れも取れないままでの下山などで転倒の危険もありますので、ご注意をお願いします。

⇒2017年7月 富士山山頂の日の出カレンダーはこちらから

⇒2017年8月 富士山山頂の日の出カレンダーはこちらから

⇒2017年9月 富士山山頂の日の出カレンダーはこちらから

富士山山頂の気温 平均値はどれ位?

東京と富士山の平年値のグラフを掲載します。富士山山頂では7・8月でも10℃以下の気温で寒いと感じます。

特に風の強い日の山頂は更に体感温度が下がりますので、真冬の東京のような寒さですのでご注意下さい。

⇒富士山山頂の気温 統計平年値一覧はこちらから

須走ルートの混雑状況(週末・お盆)

山開きの間はどの登山ルートでも大混雑が予想され

週末やお盆の時期は大混雑になります。

特にご来光を見たいので夜間登る人や子供連れの登山者が多くなります。

この時期しか登れないようでしたら早めに山小屋で予約を入れて休憩しながら登った方が

良いと思います。

 

⇒富士山の山小屋一覧はこちらから

須走ルートの特徴

須走ルートは4つあるルートの中で標高が低い場所からのスタートになります。

富士山の南側に位置するルートなので、景色は抜群です!

下山は砂の斜面を一直線に下って行きますので、砂埃対策をして下山しましょう。

僕も経験しましたが、調子に乗り走って下山すると・・膝を痛めます!

標準コースタイム:登り(7.8km・約7時間)

        :下り(6.2km・約3時間)

⇒詳しい須走ルートの解説はこちらから

須走ルートのマイカー規制

須走口五合目に登るふじあざみラインでは仮設駐車場に車を停めます。

1台:1000円の駐車料金が必要になります。

ここからバスに乗り換えて五合目に向かいます。

片道:1220円・往復:1600円

⇒ふじあざみラインマイカー規制の詳細はこちらから

まとめ

今回の記事はいかがだったでしょうか?須走ルートは高山植物や樹木など自然が多いルートです。

初めて富士山に挑戦する登山者も多いと思いますので、ご安全に登山を楽しんで下さい。

※登山用品を揃えるのはお金も掛かるのでチョット遠慮します。

そういう方にはレンタルで登山セットを1泊2日から借りることが出来ます。

この機会に1度登山を経験しておもしろそうならお金を出して揃えてみてはどうでしょうか?

⇒富士山登山用品レンタルならそらのした を紹介します。

-登山, 自然

Copyright© 中年男が気になる情報サイト , 2018 AllRights Reserved.