資格取得

宅建の勉強法を紹介|独学なら[通勤講座]がおすすめ!スマホで学べます

更新日:

 

不動産の売買に携わる仕事に就く場合に必須の資格です。

宅地建物取引士(通称:宅建)の資格登録をしないと[重要事項説明]が出来ません。

不動産関係・建築関係の仕事に就くなら取得したい資格の一つではないでしょうか?

でも、勉強方法がわからない!まとまった時間が取れない!費用が気になる!

など・・仕事をしながらでの資格勉強は悩みや問題点が多いと思います。

私も夜遅く帰ってきて、夜中の2時位まで勉強して次の日は仕事・・・

そういった事を毎日していましたが、仕事にも影響が出てしまい途中棄権!

結果が出せない事がありました。

そんな時に悩みを解決してくれたのが[通勤講座]でした。

同じような悩みがある方に良い情報を共有したいと思い記事にしました。

少しでも参考になれば嬉しい限りです。

通勤講座をおすすめする理由とは?

スマホ・タブレット等で勉強を進める事が出来る点が非常に良く、

休憩時間や通勤時に少しづつ毎日勉強をする事が出来ました。

宅建ではありませんが、2017年のFP試験をこのやり方で合格し結果が出せました。

私は、建築関係の仕事をしているので、今度は宅建の資格も受験しようと思っています。

宅建の資格があれば仕事の幅や給料のUP??にもなると思いますので・・

通勤講座は簡単に無料登録が出来ますので、お試しでやってみてはどうでしょうか?

宅建講座の費用は¥19、800円となっていました。

宅建 通勤講座

 

宅建の資格内容について簡単にまとめました。

受験資格:実務経験は必要が無いので誰でも受験は可能です。

試験日:例年10月の第3週目の日曜日に実施されます。

試験時間:13時~15時までの2時間

試験方法:50問の4股択一のマークシート方式です。

受験申込期間:7月上旬から申込が始まり、7月下旬が締め切りです。

受験料:7000円

⇒詳細は財団法人不動産適正取引推進機構でご確認ください。

宅建の合格率・合格点は

宅建資格は何点取れば合格という決まりはなく、合格率が15%~18%になる

ラインを合格ラインとし、そこが合格点になっているそうです。

その年の問題の難易度で合格点が変わってきますが、過去の合格点から

推測すると、32点から36点が合格点となっていました。

問題数が50問ですので37点以上が合格ラインと思われます。

宅建の勉強時間はどれくらい?

宅建の資格取得に使う勉強時間はどれ位?なのかTwitterで検索した結果

最低でも250時間以上の勉強時間が必要だと思われます。

[補足]その他、宅建の勉強方法などを紹介

※独学で合格する勉強方法としては以下のサイトが特にわかりやすかったので

参考にして下さい。

⇒宅建を独学で合格する方法!わたしの勉強法と学習時間

 

※さらにスキルアップの為、建築士・行政書士などの暗記が必要な資格を

取りたいけど、記憶をするのが難しいと思っている方へ

⇒資格試験・受験での暗記力の強化・記憶力と速読を同時に強化したい方へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-資格取得

Copyright© 中年男が気になる情報サイト , 2018 AllRights Reserved.