7月・8月・9月

9月の行事【二百十日・重陽の節句・十五夜・敬老の日】の意味と由来とは?

更新日:

 

9月《長月(ながつき)》

 

秋になり夜が長くなる月を意味する[夜長月(よながづき)]が縮まったと

されています。

『二百十日とは』

 

1923年9月1日に関東大震災が発生し、関東一帯に大きな被害を与えました。

また例年日本付近は台風の通り道になりますので、二百十日の厄日とされています。

この日はまた「防災の日」とされています。

台風・高潮・津波・地震などの災害についての認識を深め、

それらの災害に対処する心構えや準備を行う日です。

この日は日本各地で防災訓練などのイベントが開催されます。

 

『重陽の節句(ちょうようのせっく)/菊の節句とは』

 

 

古代中国では「九」を最高の数字として神聖視していました。

易学では奇数は陽の数字であり、九は最も大きい陽の数字です。

9月9日はそれが二つ重なる、

つまり重陽として、大変おめでたい日とされたのです。

 

重陽の節句は、別名菊の節句とも呼ばれますが、

菊には邪気を払う力が宿っているとされるので、

菊の花を浮かべた菊酒を飲んだり、菊を鑑賞することは縁起がよいとされました。

平安時代から宮中で行われた行事ですが、江戸時代に庶民の間に広まりました。

現在では一般家庭ではほとんど行われなくなっています。

 

『十五夜とは』

 

 

旧暦8月15日(新暦では9月20日ごろ)は満月の十五夜です。

旧暦8月の満月は中秋の名月とも呼ばれます。

このころは空が澄み渡り、月が最も美しく見える時期です。

「月々に月見る月は多けれど月見る月はこの月の月」という短歌が伝わっています。

現在、旧暦で行われる行事は多くありませんが、

十五夜はその一つです。

月見団子を作って三方の上に載せ、萩やススキの穂を飾り、お月見をします。

萩もススキも秋の七草の一つです。

 

関西では里芋を供えるので、別名を芋名月といいます。

月見の行事は古代中国で開かれていた月見の宴が奈良時代に日本に伝わり、

平安時代に貴族が酒宴を開くようになったものです。

庶民が団子を飾って月見をするのは江戸時代になってからです。

正式な月見は十五夜と旧暦9月(新暦10月)の十三夜の両方を祝うものとされます。

 

『敬老の日とは』

 

 

 

「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」という趣旨で

1966年に国民の祝日に制定されました。

聖徳太子が大阪に四天王寺を建立し、

身寄りのない方の施設を運営するという四箇院の制を実施したことに端を発します。

2002年までは9月15日でしたが、「ハッピーマンデー制度」により、

現在では9月第3月曜日になっています。

 

お祝いをするのは満60歳の還暦からといわれていますが、

現在の60歳はまだ現役で、敬老とはいえません。

お祝いの品はその人の好物や健康に良いとされている食品を選びますが、

感謝のしるしを表すメッセージカードだけでもいいのです。

 

 

 

-7月・8月・9月
-

Copyright© 中年男が気になる情報サイト , 2018 AllRights Reserved.