WBC-侍ジャパン

2017年 WBC開幕!侍ジャパンテレビ世界一奪還へ!|テレビ放送などの日程と注目選手などを紹介!

更新日:

2017-03-11

《侍ジャパンWBC:日本×中国結果》

 

3月10日 日本 7-1 中国

※先発の武田が3回1失点したものの、打線が好調。

中田が2試合連続となる2号2ランなどで中国を引き離した。

 

《侍ジャパンWBC:日本×オーストラリア結果》

 

3月8日 日本 4-1 オーストラリア

※投手陣は先発の菅野⇒岡田⇒千賀⇒宮西⇒牧田につなぐ継投で

オーストラリア打線を1点に抑えた。

 

《侍ジャパンWBC:日本×キューバ結果》

 

3月7日 キューバ 6-11 日本

 

※侍ジャパン、14安打11得点 キューバに勝利!

 

 

 

《過去のWBC成績》

 

 

第1回:2006年  優勝  監督:王貞治

第2回:2009年  優勝  監督:原辰徳

第3回 2013年  準決勝敗退  監督:山本浩二

 

 

 

《WBC参加メンバー》

 

 

投手:

 

松井祐樹・菅野智之・秋元亮・則元昴大・宮西尚生

藤浪晋太郎・増井浩俊・石川歩・武田翔太・岡田俊哉

牧田和久・千賀滉大・平野佳寿

 

捕手:

 

小林誠司・大野奨太・嶋基宏

 

内野手:

 

田中広輔・松田宣浩・菊池涼介・坂本勇人・中田翔・山田哲人

 

外野手:

 

内川聖一・青木宣親・平田良介・筒香嘉智・鈴木誠也・秋山翔吾

 

 

《第1ラウンド解説》

 

 

3月7日の初戦に当たるキューバが最大の敵だ。

国内リーグで活躍するベテラン中心で臨むが、

打線はロッテで昨季24本塁打、92点をマークし、

ソフトバンク入りが決定したデスパイネが打線の軸。

 

前回大会も1次ラウンドの日本戦で3ランを放つなど

6試合で打率:389、3本塁打、8打点と勝負強い。

 

投手陣は細かい継投など、日本相手に策を講じるはずだ。

 

 

中国は、イチローがマリナーズ時代に4シーズン指揮官を務めた

ジョン・マクラーレン監督が指揮を執る。

 

元メジャーリーガーで通算82勝左腕のブルース・チェンがメンバー入り。

 

 

4大会連続出場のオーストラリアは、

2年連続50試合以上登板のヘンドリクスの他、

14年に楽天に移籍した

左腕ブラックリーらメジャー経験者をそろえており侮れない。

 

⇒スポーツニッポンより引用しました

 

《WBC日程とテレビ放送時間》

 

侍ジャパン1次ラウンドは総当たり戦だ。

3月7日~11日 東京ドームで

日本・キューバ・中国・オーストラリアと対戦する。

総当たり戦では上位2チームが次の2次ラウンドに進出します。

 

 

日程

 

3月7日(火) 19時  日本×キューバ

3月8日(水) 12時  中国×キューバ

3月8日(木) 19時  日本×オーストラリア

3月9日(木)      オーストラリア×中国

3月10日(金) 12時  キューバ×オーストラリア

3月10日(金) 19時  日本×中国

 

2次ラウンドは韓国で行われる1次ラウンドの上位2チームと対戦します。

2次ラウンドは3月12日~3月16日です。

決勝トーナメントは3月20日~3月22日、

決勝戦の舞台は アメリカ・ドジャースタジアムで行われます。

 

テレビ放送

 

WBC全試合生中継 ⇒Jsports

 

3月7日(火) 18:30~ キューバ戦 ⇒TBSで放送

 

3月8日(水) 18:30~ オーストラリア戦 ⇒TBSで放送

 

3月10日(金) 19時より 中国戦 ⇒テレビ朝日系列で放送

 

 

-WBC-侍ジャパン

Copyright© 中年男が気になる情報サイト , 2018 AllRights Reserved.