生活習慣病予防 筋肉編 運動

持久力のある筋肉[遅筋]を鍛える【パワーボール】使い方を紹介

更新日:

 

パワーボールの使い方(回し方)【ひもなし】を動画で紹介

 

パワーボールの使い方(回し方)【ひもあり】を動画で紹介

 

⇒公式サイトはこちらから:パワーボールジャパン

 

パワーボールを使うメリットとは

■手首、握力、前腕を同時に鍛えられる

ハンドグリッパーは握力のみ、リストカールは手首のみを鍛える事ができますが、

パワーボールは、手首、握力、前腕を同時にトレーニングできます。

 

実際に1分も回すと、腕がパンパンのパンプアップ状態になり、トレーニングできているのを実感できます。

■普段、鍛えにくい部分かつ実用的な筋肉を鍛える事ができる。

ハンドグリッパー、リストカールは1方向のみに筋肉を動かしてトレーニング

するのに対し、パワーボールを手首を360度、回してトレーニングするので、

通常のトレーニング器具では鍛えるのが難しい小さな筋肉も鍛える事ができます。

 

■関節への負担が少ない。

パワーボールはノン・インパクト(非衝撃)トレーニングツールなので、

関節の負担が少ない状態でトレーニングする事ができます。

手首を鍛える事で腱鞘炎の予防になりますので、

関節への負担が少ないパワーボールは、腱鞘炎の予防にも効果的です。

 

■自分にあった負荷でトレーニングできる。

腕立て伏せなどの自重系トレーニング、ダンベル、バーベルなどの

トレーニング器具の場合、負荷になれてくると効果的なトレーニングができなくなってしまいますので、トレーニング方法を工夫したり、高重量の物を買い足す必要性がでてくるのですが、

パワーボールの場合、最大回転数15000rpm〜18000rpmとかなり回転数まで回す事ができます。

 

一般的な成人男性が初めてパワーボールを使用した場合、

8000rpm程度の回転数ですので、最大回転数までかなりの余裕がある為、

パワーボールが1個あれば、初心者はもちろん、

よほどの上級者にならない限り、限界まで追い込む事ができます。

 

また、筋力トレーニングの初心者の場合、

自分にあった負荷でトレーニングできていないといった事をよく目にしますが、

パワーボールは初心者から上級者まで、自信に合った負荷でトレーニングする事が

可能なので、今の負荷は自分に合っているのかなどは考えなくて良く、

常に自分にとってベストの負荷でトレーニングする事が可能です。

 

■持久力のある筋肉、「遅筋」を鍛える事ができる。

長時間、力を維持する筋肉を「遅筋」といい、

瞬発的な力を発揮する筋肉を「速筋」といいます。

スポーツの場合、瞬発的な力(速筋)も大切ですが、

長時間プレーする為、遅筋を鍛える事も非常に大切です。

パワーボールは持久力のある筋肉(遅筋)を鍛えるのにも

効果的なトレーニングツールです。

 

 パワーボールの持つ潜在能力

■効果的なワークアウトツール

握力、手首、前腕の強化、持久力、柔軟性アップ

など効果的なトレーニングが楽しめます。

 ■エクササイズ・筋トレ

パワーボールは、指、握力、手首、前腕を鍛え、

能力を高めるトレーニングツールです。

 

スポーツトレーニングとして、

野球、ゴルフ、テニス、バスケット、バドミントン、ボーリング、卓球、

ボルダリング等の指、握力、手首、前腕を使うスポーツの

筋力トレーニングに最適です。

 

■持ち方、腕の姿勢を変えると鍛えられる部位が変わる

パワーボールは基本的に、握力、手首、前腕を鍛えるトレーニング器具ですが、

異なる腕の姿勢でパワーボールを回す事によって、

指、手首、前腕、以外にも上腕三頭筋、上腕二頭筋、肩を強化する事もできます。

 

例えば、指先だけで持って回すと、より指を鍛えることができ、

真上に持ち上げて回すと肩も鍛えることができます。

 

■腕のダイエットにも有効です。

回転の遠心力によって筋肉のトレーニングを行うので、

重たいダンベルなどの器具を使用するより、

はるかに安全でそして筋肉に過度な負荷をかけずにすみます。

 

■リハビリテーション・セラピー

手首、手、腕の筋肉を傷めにくい、

ノン・インパクト(非衝撃)トレーニングツールです。

手から腕への筋肉の柔軟性と血液循環を促進し機能性アップが期待できます。

 

■他にはない独創的なパワーボール

気軽に手に取り、場所を選ばず、すぐに始められるパワーボールは、

独創的でクセになるトレーニングを体験をお届けします。

楽しく筋トレができる素晴らしいトレーニング器具です。

 

⇒公式サイトはこちらから:パワーボールジャパン

 

 

-生活習慣病予防, 筋肉編, 運動

Copyright© 中年男が気になる情報サイト , 2018 AllRights Reserved.