天体ショー

火星が15年ぶりに大接近!2018年7月31日はワクワクする夜になるかも?

投稿日:

 

 

 

 

 

 

 

2018年7月31日、火星と地球がとても近づきます。

今回は15年ぶりの大接近で火星は、南東の夜空で赤っぽく、とても明るく際立って目立ちます。

今年の夏は火星に要注目!です

次回の火星大接近は17年後ですよ。

 

火星の基礎知識

太陽系第4惑星である火星は太陽の周りを687日かけて一周しています。

地球は365日で公転していますから火星は一周するのに2年近くかかるんですね。

 

火星の有人探査も実現が可能になるかもしれません!

世界各国が2030年以降の実現を目指しています。

火星までの直線距離は最短で5500万㌔で往復までに約3年かかると言われています。

 

 

7月31日の火星はどこに見えるの?

南東の夜空の低いところに見えます。

 

 

 

 

 

 

火星はどんなふうに見えるの?

大接近しても火星は月のように大きく見えないけれど、夜空の星の中ではひときわ輝いて見えます。

望遠鏡を使うと火星の表面の模様が見えます。

 

火星はなぜ赤く見えるの?

火星の地面は赤茶色の土で覆われています。

この地面に太陽の光が当たって赤く見えるんですね

 

-天体ショー

Copyright© 中年男が気になる情報サイト , 2018 AllRights Reserved.