おすすめ食材

佃煮はまさに健康食!その種類はなんと118種類

更新日:

 

佃煮とは

佃煮(つくだに)とは、砂糖と醤油で甘辛く煮付けた日本の食べ物。とりわけ小魚、アサリなどの貝類、昆布等の海藻類、山地ではイナゴ等の昆虫類などを醤油砂糖等で甘辛く煮染めたものをこう呼ぶ。シソゴマなどを加えることもある。牛肉の佃煮も目にする。ご飯と一緒に食べると美味とされる。

佃煮は素材をまるごと使用するため、各素材の栄養価をそのまま摂取することが出来ます。

例えば

海藻類はビタミン・ミネラル・植物繊維などが豊富に含まれています。

魚類・貝類は良質なタンパク質や各種ビタミン・カルシウム・鉄・リンなどを多く含み

農産類では、豊富な植物繊維や各種ビタミン・カルシウム・アミノ酸などが多く含んでいます。

 

[畑のカルシウム]と呼ばれるいなごには豊富なカルシウムが含まれています。

 

また。健康食材として最近人気のくるみには、抗酸化値が最も高く、

さらに各種ビタミンや植物繊維・ミネラル・メラニン・マグネシウムなど人間の健康維持、増進に必要な成分が

豊富に含まれています。

 

 

そうした原料をそのまま味わえる佃煮は栄養値抜群の現在の健康食と言えるかもしれませんね。

 

主な佃煮の種類はなんと118種類

佃煮の種類は使用する原料によって分類されます。

大きくは、昆布・わかさぎ・いわし・あさり・えび等を利用した水産佃煮

ふき、葉唐辛子、豆など利用した農産佃煮の2系統があります。

後は、いなご・くるみなどを利用したその他の佃煮に分かれます。

主な佃煮だけで118種類の佃煮があるといわれ、ほかにも全国各地の特産品があります。

また、混合佃煮製品といって2品、あるいは3品を一緒に煮た佃煮もあります。

さらに、人気の昆布佃煮でも、塩昆布、角切昆布、昆布巻、しそ昆布など、

その形状や製造方法によって多くの種類に分かれるので、これらを加えると佃煮の種類は相当な数になります。

 

話題の佃煮

 

 

 

-おすすめ食材

Copyright© 中年男が気になる情報サイト , 2018 AllRights Reserved.