健康ニュース

今注目される最新のがん治療【免疫チェックポイント阻害薬】その効果は知るべきです

更新日:

 

最新のがん治療法とは?

がん治療は 手術・抗がん剤・放射線が三大治療法ですが、

第4の治療法として注目を浴びているのが免疫療法です。

ソニー生命のトピックスを参考に簡単ですが調べましたのので

参考にして下さい。

 

免疫チェックポイント阻害薬とは

がんの薬物療法のなかで、今現在ホットな治療法の一つ[免疫チェックポイント阻害薬]。

病気から身を守る免疫システムには、過剰に働いて自分を攻撃しないためのブレーキ機能があります。

[免疫チェックポイント阻害薬]はそのブレーキを外して がんへの攻撃力を高める 作用のある薬だそうです。

この薬があれば、免疫システムは本来の力を発揮し、がん細胞を殺すことが出来ます!

抗がん剤など既存の薬物療法で十分な効果が見込めない症例に対し、新しい選択肢として

期待されている治療法です。

 

免疫チェックポイント阻害薬の副作用について

 

この免疫ポイント阻害薬による副作用ですが、今のところ臨床試験では皮疹や下痢程度で、

危惧されていた自己免疫疾患になったりする報告は、現在までの臨床試験では少ないようです。

皮疹程度であればステロイドの投与等で軽減させられます。

一般的な病院では、ニボルマブ(抗PD-1抗体)は保険では100mg以上大量一括投与を行うので、

発熱や肝機能障害、間質性肺炎、糖尿病等の副作用が大きく出ます。

つまり当院の少量ずつの投与であれば、安全に投与し、その効果を最大限得ることが可能です。

免疫チェックポイント阻害剤は高額なので、

がんを殺すアクセル作用としてのNK細胞NK・T細胞療法投与と併用したほうが、

費用対効果もより優れていると思われます。

⇒湘南メディカルクリニックより引用しました。(費用についても掲載されています)

 

 

-健康ニュース

Copyright© 中年男が気になる情報サイト , 2018 AllRights Reserved.