風邪予防

名医がやっている緑茶うがいで風邪予防!カテキンがより多くなる温度とは?

投稿日:

 

緑茶には口の中にある悪玉菌の繁殖を抑える効果があります。

ですが、緑茶を飲むだけでは唾液で流れてしまうので効果は薄くなってしまいます。

1番のおすすめは【緑茶うがい】。効果の程は後ほど・・・

今回は風邪の原因から調べてみました。参考にして下さい。

 

風邪の原因はウイルス

ウイルスがのどに付着し増殖して病気を発症します。

 

なぜ?うがいが風邪予防になる

うがいでウイルスをのどから洗い流すことが大事!

 

緑茶うがいの効果とは

緑茶に含まれるカテキンにはウイルスの増殖・活性化を防ぐ効果がある。

 

カテキンが多くなる最適な温度は?

健康に良いと言われているカテキンの量は淹れるお湯の温度で変化します。

最適な湯温は【熱いお湯:80℃】

 

茶葉に含まれるカテキンは、80℃以上の高温の湯で溶け出す。

基本は5gの茶葉に熱い湯100mlを入れ1分おくのがポイント。

この方法なら茶葉に含まれるカテキンの約60%が抽出でき、

同様に同じ茶葉で2煎せん目めをいれれば、合わせて80%のカテキンがとれるという。

 

今すぐ緑茶うがいを始める理由

今回の記事はいかがだったでしょうか?

緑茶なら安い値段でスーパーでも買えますね。

まずは熱いお湯でカテキンの量を増やしてから冷まします。

冷ましてから うがい用に使えば時間もお金をあまり掛かりません。

最適な風邪予防が出来てしまう【緑茶うがい】を僕はおすすめします。

 

 

⇒参考した動画はこちらです

 

-風邪予防

Copyright© 中年男が気になる情報サイト , 2018 AllRights Reserved.