生活習慣病予防

狭心症と心筋梗塞のリスクは1日5分余分に歩けば減らせる!?

更新日:

 

 

まずは、狭心症と心筋梗塞の違いを簡単に説明します。

A:心臓は1日に約10万回、生涯休みなく働き続ける臓器です。

年を取るにつれて血管にコレステロールが貯まり、動脈硬化が進むと、血管の内側が狭くなります。

これが進行すると血管の流れが不十分になり心臓からSOS信号が出ます。

 

狭心症:軽い胸痛か軽い胸の圧迫感を感じるようになります。

心筋梗塞:完全に血管が塞がり血液が流れない状態。その部分の心筋細胞が壊死して胸痛の症状が長時間続く。

 

狭心症と心筋梗塞の予防

病気にならない為には動脈硬化の進行を予防する事が大切です。

それには危険因子と呼ばれる原因の除去が必要です。

  • たばこを控える
  • コレステロールの摂り過ぎに注意する
  • 塩分・糖分・脂肪分の摂り過ぎに注意する。
  • バランスの良い食事をする
  • 適度な運動(毎日適当な距離を歩くことが必要)
  • 食べ過ぎない
  • 睡眠を十分にとる
  • ストレスを避け、規則正しい生活など

これらを続けていくと

メタボリック症候群の予防。

内臓脂肪を減らすことで狭心症・心筋梗塞予防。

につながり健康な体つくりが出来てきますね!

 

この予防の中で私は運動が最も重要だと僕は考えます。

1日に5分でも毎日多く歩くことで少しでも悪玉コレステロール値が下がり

血管内の炎症を鎮め血圧を下がる事が出来ます。

5分程でしたら少し歩く距離を延ばすだけなので簡単に出来そうです。

 

日頃の体脂肪率・体年齢等を測るには電子体重計が便利です。

過去の記録も残すことが出来ます。

体脂肪計\, DIKI 体重・体組成計 bluetooth体重計 電子体重計 体重/体脂肪/筋肉量/推定骨量/体脂水分/BMIなど測定可能 自動ON機能 人気健康管理app ダイエットhelper 赤ちゃんの体重計算可能 iOS/An

 

参考書籍

内容は簡潔にまとめて書いてあるので読みやすい本だと思います。

気になる項目が見つかると思います。

 

まとめ

今回の記事はいかがだったでしょうか?

メタボリック症候群の予防⇒動脈硬化の予防⇒狭心症・心筋梗塞の予防

を目指してお金のかからない病気にならない体を作っていきましょう!。

 

 

 

 

-生活習慣病予防

Copyright© 中年男が気になる情報サイト , 2018 AllRights Reserved.