生活に役立つ知恵

2年で元が取れる[付加年金]!月々400円の負担で国民年金が増額

更新日:

 

 

厚生年金を払っている会社員は、優遇されていると思います。

基礎となる国民年金の上に上積みする形で年金が支払われ、

受け取る金額も多くなります。

しかも保険料の半分は会社負担。

 

一方で国民年金しかもらえない人の年金額は少ないのが現状ですね。

少しでも年金額を増やしたいと思うのは当たり前です!

そこで

月々400円の負担で支給される国年年金額が増え、

しかも2年で元が取れる方法があるとすればどうでしょうか?

 

その方法が・

[付加年金]

です。

付加年金とは第1号被保険者と20歳以上~65歳未満の国民年金の任意加入被保険者が

より高い給付を希望する場合に、付加保険料400円(月額)を納付することにより

任意に加入する事が出来る終身年金です。

ただし、国民年金の保険料を免状されている場合や滞納している場合は、

付加年金の保険料を納付することが出来ません。

 

例としまして

付加保険料400円を40年間納付(400円×480月=192,000円)した場合

アップする年金額は毎年200円×480月=+96,000円となります。

それが生涯にわたり続くのでお得であると考えます。

 

支払総額が192,000円に対し毎年+96,000円がもらえるので

2年で元が取れる計算です。

その後は毎年+96,000円年金額がアップするので少しは安心出来るのでははないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

-生活に役立つ知恵

Copyright© 中年男が気になる情報サイト , 2018 AllRights Reserved.