7月・8月・9月 お盆

【風水】お盆の時期・お盆の意味とは|盆踊りで人間関係運・恋愛運アップ

更新日:

 

 

【風水】お盆の時期・お盆の意味とは|盆踊りで人間関係運・恋愛運アップ

 

 

 

 

 

『お盆』の時期

 

 

東京など都市部では7月13日~7月16日

 

地方では8月13日~8月16日頃に行う事が多いようです。

 

 

『お盆』の意味

 

  • お盆とは祖先の霊を祀る(まつる)ために7月15日頃に行われる行事です。

お盆は仏教行事の一つとして位置づけられていますが、

 

仏教の盂蘭盆(うらぼん)、盂蘭盆会(うらぼんえ)の行事に、

 

祖先の霊を祀る信仰が混ざっていったものと言われています。

 

初盆には四十九日・一周忌・三回忌などの法事法要がありますが、

初盆以外のお盆には、遺族だけで、祖先の霊を一緒に供養をするのが一般的です。

 

 

 

 

  • お盆は[先祖の霊が自宅へ帰ってくる日]とされ

 

13日の最初の日を[迎え盆(お盆の入り)]

 

16日の最後の日を[送り盆(お盆明け)]といいます。

 

 

仏壇を清め、精霊棚にきゅうりの馬となすびの牛を供えて霊をお迎えします。

 

 

 

 

仏壇の有る無にかかわらず、

この時期は[先祖と共に過ごす]という感覚を大切にしましょう。

 

お盆は実家に帰って先祖の霊を慰め、家族揃って食事をするといいでしょう。

 

[おじいちゃんは、こういう人だった]

[おばあちゃんは、こういう食べ物が好きだった]などと話しているうちに、、

 

その家がしなければいけない事、自分に与えられた役割が見えてくる事もあります。

 

 

風水では、[忘れられた過去に未来がある]といいます。

 

 

自分の夢や目的を再確認するためにも、

先祖に思いを馳せるのはとても意義のあることです。

 

女性は、実家に帰って親孝行するといいでしょう。

[実家の役に立った娘ほど幸せになる]と

風水ではいいますから、台所にもどんどん立って下さい。

 

 

『迎え火と送り火』

 

 

13日、お盆の入りには、祖先の霊が迷わずに帰ってこられるように

明るく照らすという意味で迎え火を焚きます。

 

14日、15日と家にとどまり、16日の夜に家を去り、帰っていきます。

 

この時は送り火を焚き、帰り道を照らして、霊を送り出します。

 

 

『盆踊り』の意味|なぜ盆踊りをするの?

 

 

 

 

盆踊りには、ぜひ参加しましょう。

 

人間関係運と恋愛運が良くなります。幼なじみと偶然出会い、

話に花が咲いていい情報が得られたり、

相手がいい人を紹介してくれたり、

思いがけず恋の花が咲くこともあります。

 

盆踊りの意味については、

[お盆に戻ってきた精霊を慰めるため]

 

[お盆の供養のおかげで成仏できた霊が歓喜する姿を表現したもの]など、

 

さまざまな説があります。

 

いずれにしても、盆踊りは楽しいイベント。

 

見るだけでなく、積極的に輪の中に入り、踊りましょう。

 

 

※徳島県の阿波踊り・秋田県の西馬音内盆踊り・岐阜県の郡上八幡盆踊り

 

の3つを合わせて日本3大盆踊りと呼ばれています。

 

 

関連記事

お月見

重陽の節句

お盆

夏の土用の丑の日

お中元

夏越しの大祓

お宮参り

端午の節句

花祭り

お花見

春のお彼岸

ひな祭り

出産祝い

 

 

『参考書籍』

 

[Drコパの日本のしきたり風水術]より引用しています。

 

『まとめ』

 

今回の記事はいかがだったでしょうか?

お盆に過ごす意味がわかり参考になりました。

3日間しかないお盆の時期は大切に過ごしたいと思います。

 

 

 

-7月・8月・9月, お盆

Copyright© 中年男が気になる情報サイト , 2018 AllRights Reserved.