10月・11月・12月

11月の行事【文化の日・七五三・勤労感謝の日】の意味と由来とは?

更新日:

 

11月《霜月(しもつき)》

 

霜が降りてくる月なので、[霜月(しもつき)]と呼ばれるようになりました。

 

『文化の日とは』

 

11月3日の文化の日は国民の祝日に定められています。

1948年に国民の祝日に関する法律により制定されました。

その前は明治節といって明治天皇の誕生日を祝う日だったのですが、

1946年に当時の首相だった吉田茂が、この日を日本国憲法の公布日としました。

 

文化の日の意義は「自由と平和を愛し、文化をすすめる」となっています。

この日の大きなイベントは文化勲章の授与式です。

文化審議会により選定された文化功労者の中から文部科学大臣が決定した数名が、皇居の松の間で天皇から直接文化勲章を授与されるという、大変名誉のある式典です。

 

その年にノーベル賞を受賞した方もこの中に含まれます。

 

『七五三とは』

 

 

乳幼児の死亡率が高かった昔は、子供の成長を祈る儀式が行われていました。

七五三もその一つです。

本来は数え年で男の子は3歳と5歳、

女の子は3歳と7歳のお祝いでしたが、

現在では満年齢で祝うことが多くなりました。

 

11月15日前後に祝いますが、最近では日にちにこだわらず、

休日など都合のいい日を選んで行うことが多いようです。

 

元々は平安時代の貴族の家庭内の行事でした。

3歳の祝いはそれまで剃っていた髪を伸ばし始める「髪置きの祝い」が始まりでした。

女の子の服装は晴着に兵児帯です。

5歳の祝いは初めて袴を付ける「袴着の祝い」でした。

男の子の服装は紋付、羽織、袴、白足袋に白い鼻緒の雪駄が正装です。

 

7歳の祝いは初めて帯を結ぶ「帯解きの祝い」といわれます。

兵児帯を取り、きちんとした帯を締めるようになります。

晴着を着せた子供を連れて氏神様に参拝し、

それまですくすくと育ったことを感謝し、今後の健やかな成長を願う儀式です。

 

両親や祖父母が一緒にお参りするのが一般的です。

晴着は多くはレンタルです。

千歳飴は江戸時代に浅草の飴屋が始めたといわれています。

長く伸ばした飴が長寿を願う縁起物とされています。

 

『勤労感謝の日とは』

 

 

起源は「新嘗祭(にいなめさい)」という、

伊勢神宮を始め全国の神社で行われている五穀豊穣を感謝する儀式です。

日本では戦前から、収穫した農作物を神様にお供えすると同時に、

天皇陛下が召し上がる新嘗祭という行事を毎年11月23日に行っていました。

 

戦後GHQの指示で新嘗祭が廃止され、その代わりとして1948年に勤労感謝の日が制定されました。

勤労感謝の日の意義は「勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝しあう日」とされています。

 

稲作が主体の農耕民族では、毎日の農作業をねぎらい、

その収穫物である米を、神からの贈り物として感謝するという意味合いが込められています。

しかし、今日では労働全般に対しても、日ごろの労をねぎらう日と考えていいでしょう。

 

 

 

-10月・11月・12月
-

Copyright© 中年男が気になる情報サイト , 2018 AllRights Reserved.