筋肉編

中年男のアンチエイジング-筋肉は衰えます。早めに鍛えて老後に安心を。

更新日:

barbell-1839086__340

 

 

『筋肉を鍛えるメリット』

人間の体力や筋力は20歳をピークに衰え始めます。

自然の事なので避けることは出来ませんが、進行を遅らせる事は十分可能です。

遅らせる方法は[運動する事]・・これに尽きると思います。

継続的に運動する事で、体力の衰えるスピードは何もしない人に比べ緩やかになるのは

間違いはありません。

しかも運動する事でメリットがあるのは体力だけではありません。

心臓の衰えも防ぐ事が出来ます。心臓も筋肉で動いていますので普段使わなければ

当然衰えてしまいます。心臓が衰えてしまうと少しの運動でも息切れや動悸に繋がります。

 

『筋肉を維持する日頃の対策』

僕の仕事はパソコン作業なので筋肉を全く使っていません。

そんな僕が行っている対策は、週末だけですが山道を出来るだけ全力で駆け上がる事です。

[オールアウト]・・最大心拍数近くまで上げ 頂上到着後に倒れる位、全力で走っています。

学生の時にゴールしてぶっ倒れる練習しませんでしたか??あんな感じです。

普段 心臓を鍛える様な運動が出来ていないので、週に1度だけでも心臓に負担を掛けています。

これがいいのかは不明ですが、急に心拍数が上がる状況になった時でも体がビックリしない

様に普段から動かしています。なかなかツライですが・・・

 

『筋肉の発達にに欠かせないプロテインとは』

 

プロテイン=たんぱく質であり、ホエイプロテイン・カゼインプロテイン・ソイプロテイン

などの種類があります。筋肉を発達させる働きがあり、体内でアミノ酸に分解・吸収され、

皮膚・骨・筋肉などを構成します。

生きていくためには必要不可欠な栄養素です。

健康維持や肉体化増を目指すひとにとっては、筋肉の維持や発達、回復の促進の為に、

プロテインの摂取をおすすめします。

 

プロテイン摂取のタイミング』

 

  • 運動後、45分以内

⇒運動後に摂取するプロテインは吸収スピードの速い【ホエイプロテイン】がおすすめ。

  • 就寝前

⇒就寝する30分から1時間前に摂取しておくと胃に負担がかかりにくいです。

  • 朝食前

⇒パンやシリアルで済ませてしまう人には必要な栄養素として摂取しましょう。

 

『プロテイン以外でも重要な栄養素はあります』

 

  • クレアチン(筋肉の中でエネルギーを貯蔵している物質。運動効率向上)

⇒クレアチンとはたんぱく質の一種で、筋肉内でエネルギーとして貯蔵している物質の1つです。

肉体改造を行う人にとっては重要な成分の1つで、激しい筋力トレーニング中などに

クレアチンを補給する事で、筋力パフォーマンスの向上や持久力アップ、筋肉が太くなりやすく

なるといった効果が期待できます。基礎代謝を向上させる働きもあり、脂肪を燃焼しやすく、

引き締まったボディーメイクの効果も期待できます。

 

  • テストステロンブースター(男性ホルモンを増幅し筋肉繊維の生成を活発化)

⇒テストステロンとは、男性に多く分泌される男性ホルモン(成長ホルモン)の1つです。

筋肉の成長には、トレーニング栄養補給、十分な睡眠をとることが重要ですが、

体内の成長ホルモンであるテストステロンが十分に分泌されていなければ発達しません。

テストステロンが増える事で大きな筋肉と筋肉繊維の生成が活発化されます。

 

  • BCAA(筋肉疲労を極力抑制し筋繊維の超回復を促進)

⇒BCAAは牛乳、鶏卵、マグロ、牛肉などの動物性たんぱく質に含まれており、

食品から十分な量のBCAAを摂取する事は非常に困難で、サプリメントなどで補う

方法が一般的です。BCAAは、トレーニング時のパフォーマンスを向上させたり集中力を

高めたたり、さらに運動後の疲労が軽減されるなどの効果が期待出来ます。

また、ダイエット効果として脂肪を燃焼しやすくし、食欲を抑制する働きもあると

言われています。

 

 

 

『まとめ』

40代になると鍛えて付いた筋肉よりも減っていく筋肉の方が多いとも言われていますので

この衰えていくスピードを遅らせる筋トレや運動は意識して続けていこうと

思っています。

-筋肉編

Copyright© 中年男が気になる情報サイト , 2018 AllRights Reserved.