花粉症

2017年静岡県の花粉飛散状況を予想!予防と対策を紹介します|花粉症対策時期はいつから

更新日:

 

 

2017年静岡県の花粉情報|

2017年は前年の2倍~6倍予想

 

 

 

 

『花粉症対策は症状が出る前から準備が必要』

 

花粉による[アレルギー症状(アレルギー鼻炎)]は、

1度症状が出てしまうと花の粘膜がどんどん敏感になり、

症状が強く出やすくなってしまいます。

症状を軽く抑える為にも、症状が現れたらすぐに薬を服用するのがおすすめです。

最近では眠気の副作用が少ない[抗アレルギー薬]が出ています。

 

また、目のかゆみ対策に点眼薬、鼻の症状をすぐに抑えたい場合に有効な点鼻薬などもあります。

この様な市販薬を花粉が飛び始める前から準備し、すぐに使用出来るようにしておきたいです。

スギ花粉が飛ぶ時期は、関東地方でしたら、2月~4月終わり頃までです。

 

また、スギ花粉症のある人はヒノキ花粉にも反応する傾向があります。

ヒノキ花粉の飛散が終わる5月までは対策を続けるようにしましょう。

 

さらに最近では、12月の終わり頃から風に乗って飛んでくる微量のスギ花粉に反応してしまう、

ハイパーセンシティビティと呼ばれる過敏症の人がいます。

少しの花粉にも反応してしまうため、心当たりがある場合は、早めの準備をしましょう

 

 

『薬による能力低下に注意!』

 

抗ヒスタミン薬を飲むと、

鼻の粘膜だけでなく脳に作用し、集中力や判断力、

作業能率が低下した状態[インペアード・パフォーマンス]を起こします。

眠気とは違い、本人が自覚しないまま、様々な場合で影響が出る可能性もあります。

そのような能力ダウンを起こさない花粉症の治療薬もあるので、気になる方は相談しましょう。

 

 

『参考資料』

 

パブロン鼻炎カプセルSa 花粉症予防の資料を引用しています。

 

菅野澄雄先生(監修)  菅野耳鼻咽喉科院長

 

 

『まとめ』

 

今回の記事はいかがだったでしょうか?

毎年症状が出てくる季節になりました。

仕事にも影響が出てくる薬もありますので注意して薬の服用をしていきたいと思います。

 

 

 

-花粉症
-

Copyright© 中年男が気になる情報サイト , 2018 AllRights Reserved.