4月・5月・6月

5月の行事【八十八夜・端午の節句・母の日】の意味と由来とは?

更新日:

 

5月《皐月(さつき)》

 

早稲(稲の苗)を植える月の為、[早苗月(さなえづき)]が、縮まったものとみられています。

 

 

 

『八十八夜とは』

 

 

「夏も近づく八十八夜」という歌でおなじみの八十八夜は、

立春から数えて88日目に当たることから名づけられています。

現在の暦では5月2日ごろになります(年によって変わります)。

春から夏に季節が変わり、夏の準備をする日とされています。

このころはちょうどお茶の新芽が出る時期ですので、

お茶を摘んで新茶を作る茶摘みの行事が行われます。

八十八夜に摘み取られる新芽は、古来から不老長寿の縁起物のお茶として珍重されています。

新茶には前年の秋から冬越しをして蓄えたテアニンという成分が豊富に含まれています。

また、農家では稲の種を苗代に蒔く風習が各地にあります。

 

『端午の節句とは』

 

 

5月5日は「こどもの日」で、子供の人格を重んじ、幸福を祈る国民の祝日です。

徳川時代に男の子の節句、端午の節句として五節句(上巳、端午、七夕、重陽)の一つになりました。

男の子の節句とされる前には菖蒲の節句といいました。

五月(サツキ)に早苗(サナエ)を取って田植えをする早乙女(サオトメ)と呼ばれる若い女性が、

田植えに先立って神社で身の穢れを祓う行事でした。

本来、端午とは月の始めの午(うま)の日をいいますが、

「午」が「五」に通ずることから、五が二つ重なった5月5日を端午というようになりました。

古代中国では旧暦5月は蒸し暑く、疫病や害虫などが発生したため、

悪月、物忌みの月とされていました。

その邪気を祓うために、菖蒲を浸した酒を飲んだり、

薬草の蓬で作った人形を軒につるしたりする行事が催されました。

日本では奈良時代に宮中で厄除けの行事が行われ、

菖蒲が「尚武」に通ずるとして端午の節句になりました。

端午の節句の飾りとしては、武者人形や鎧、兜、太刀、弓を飾ります。

また、鯉のぼりが建てられます。

古代中国の「滝を上った鯉は天に昇って龍になる」という伝説から、

立身出世を願って建てられました。

また、吹き流しに使われる赤、青、黄、白、黒の五色は、

陰陽五行説の「五行」を表しており、邪気を追い払い、五穀豊穣を願う祈りを表現しています。

柏餅や粽(ちまき)を食べ、菖蒲を入れたお風呂に入るのがこの日の習慣です。

菖蒲は、煎じて飲んだりして昔から薬草として使われていたそうです。

菖蒲はその匂いが悪霊を退散させるという霊力を持っていると信じられていました。

 

『母の日とは』

 

 

5月第2日曜日は母の日。日ごろ家事や子供の面倒を見てくれるお母さんへ「ありがとう」の気持ちを伝える日です。

1907年にアメリカのアンナ・ジャービスさんが母親の追悼として、

教会で白いカーネーションを配ったことが始まりです。

このアメリカの祝日が現在では世界中の人々に広がっていて記念日となっています。

日本にも戦後伝わってきましたが、国民の祝日にはなっていません。

赤いカーネーションは健在の母、白いカーネーションは亡き母に贈る習わしとなっています。

 

 

 

-4月・5月・6月
-

Copyright© 中年男が気になる情報サイト , 2018 AllRights Reserved.