1月・2月・3月

3月の行事【ひな祭り・彼岸】の意味と由来とは?

更新日:

 

3月《弥生(やよい)》

 

木や草が生い茂る月という意味の[木草弥や生ひ月(きくさいやおひづき)]という

言葉が縮まり、[弥や生ひ(いやおひ)]から[やよい]になったと言われます。

 

 

『ひな祭りとは』

 

 

上巳(じょうし)の節句は、元は3月最初の巳の日に行われていた女の子のための祭りです。

現在では3月3日に行われます。桃の節句ともいいます。

上巳とは3月最初の巳の日のことで、この日は邪気に見舞われやすい日とされていました。

そこで、身の穢れを洗い流すために、

紙や粘土で作った人形を毎年川に流す流し雛が雛人形の起源となっています。

お雛様を飾り、ハマグリのお吸い物、ちらし寿司で祝います。

蓬で作った草餅を食べて邪気を払い、白酒を飲みます。

ハマグリは離れたら元の貝同士でないとぴったり合わないことから、

古来夫婦円満や貞操の象徴とされてきました。

白酒は身体を清めて邪気を追い払う意味があるとされます。

お雛様のお飾りには菱餅が使われます。

菱餅の色は、桃色が桃の花、白が白酒、緑が草餅の色を表します。

桃の花は中国では魔除けの木として崇拝されています。

日本でも古来から邪気を払う力があると信じられていました。

また、桃の葉はあせもに効くとされ、民間薬にも使われています。

雛人形は嫁の実家の両親が孫娘に送る習慣があります。

また、「祭りが終わったら雛人形を早く片づけないと婚期が遅れる」という迷信があります。

雛壇は五段、七段のように奇数段から構成されるのが普通です。

雛壇に飾るものとしては、一段目は男雛(お内裏様)、女雛(お雛様)の一対、

二段目は三人官女、

三段目は笛太鼓などを持った五人囃子、四段目は向かって右が左大臣、向かって左が右大臣です。

その下の五段目には、左近の桜、右近の橘が並びます。

内裏雛は元来は向かって右が男雛、左が女雛でした。

これは宮中では内裏(祭壇)の側から見て左が上位で尊ばれていたことから来ています。

同様の意味で右大臣より左大臣が、右近の橘より左近の桜が上位なのです。

いずれも見る人の方向とは逆で、右が上位になることに注意します。

しかし、現在では男雛と女雛の位置が入れ替わってしまっています。

 

『彼岸(ひがん)とは』

 

 

春のお彼岸は3月21日(年によって差があります)の春分の日を挟んだ前後7日間で、

秋のお彼岸と並んでこの日には先祖のお墓参りをするのが日本古来の習わしです。

彼岸は、もともとサンスクリット語の「波羅蜜多(ハラミタ)」から来ています。

ブッダが悟りを開いた境地のことです。彼岸に対してこの世を此岸(しがん)といいます。

春分の日は秋分の日と同じく、昼と夜の長さが同じ日です。

「暑さ寒さも彼岸まで」という諺があるように、

長い冬が一段落し、暖かくなってくるのが彼岸のころです。

 

 

-1月・2月・3月
-

Copyright© 中年男が気になる情報サイト , 2018 AllRights Reserved.