生活習慣病予防 筋肉編 運動 食材編

中年男が鍛えるべき筋肉は【下半身】|体力と精力に自信がない男性に効く根菜類とは?[男が病気にならない生き方]で解説。

更新日:

 

男の健康は足腰で決まる!

下半身の強さは男の強さと比例する!

 

2017年3月現在で私の年齢は39歳です。

まだまだ年齢では若い方ですが、40代まであと1年。

最近の健康診断でも今まで問題が全くありませんでしたが、

ここ2・3年で急にレッドカードになった項目も出てきました。

 

日々 忙しい中で運動不足を感じています。

フィットネスジムの会員にもなっていますが、

仕事・育児でまとまった時間が取れないのを理由にさぼっているのが現状です。

 

そんな時 私が見つけた本が「男が病気にならないならない生き方」です。

 

参考になる事が多く書かれていていて読みやすい本でしたので、

中年男の参考になればと思い記事にしました。

 

本の内容を1部引用し、私の意見や体験談を含めて紹介します。

 

 

体力と精力に自信がない男性に効く根菜類

 

体の機能を高め、強壮、強精に効果がある食材の筆頭はニンジン・ゴボウなどの根菜類です。

 

ニンジン

ニンジンの学名「Daucus carotaL」のDaucusは、ギリシャ語で[温める]という意味の[daukos]からきています。

また、ニンジンの赤い色は漢方では温める色でもあるそうです。

これからわかりますように、ニンジンには体を温め、血流をよくする働きがあります。

 

増血作用にもすぐれ、体力増強にも効果のある強壮食材です。

 

ニンジンでも、朝鮮人参になると、さらに強壮・強精効果が増します。

その効果は、強壮・強精の王様として、二千年もの間、漢方薬の世界に君臨し続けていることからも明らかです。

形を思い浮かべるとわかるように、朝鮮人参は人の下半身に酷似しています。

そこから「ニンジン」という名前がつけられているそうなので、

まさに[相似の理論]で言う、[下半身のための食品]なのです。

 

ゴボウ

ゴボウも、古くから滋養強壮にすぐれた食材として脚光を浴びてきました。

1697年に記された『本朝食鑑』に、

すでに「ゴボウは男性の強精剤である」との記述があるほど、

昔から精力に効く食べ物として知られています。

その効果の素がゴボウに含まれるアルギニンです。

アルギニンには筋肉増強作用があると同時に、精力を回復する作用もあります。

じつは精子の主成分でもあり、精液の80%がアルギニンです。

これを多く含むゴボウはまさに活力をあげる食材です。

 

ヤマイモ

ヤマイモも強壮・強精の王様です。

下半身に効く[八味地黄丸]の中心生薬です。

ヤマイモのヌルヌルはムチンという成分によるもので、

ムチンにはタンパク質を無駄なく吸収する作用があり、

疲れをとり、滋養強壮効果を高めてくれます。

 

ヌルネバ系食材

 

ヤマイモと同様、サトイモ・オクラ、ナメコ・納豆・うなぎ・どじょうなどの

ヌルヌル・ネバネバ系食材には

ムチンがたくさん含まれています。

生命力を高め、滋養強壮によく効く食材として知られています。

 

[男が病気にならない生き方] 参考書籍

 

男が病気にならない生き方

 

関連記事

中年男が鍛えるべき筋肉は【下半身】|下半身運動を動画で紹介。

中年男が鍛えるべき筋肉は【下半身】|体力と精力に自信がない男性に効く根菜類。

中年男が鍛えるべき筋肉は【下半身】|力を取り戻す食材。

中年男が鍛えるべき筋肉は【下半身】|疲労回復の方法と生活スタイルの改善方法。

 

まとめ

 

今回の記事はいかがだったでしょうか?

最近はこれらの根菜類を摂る食事が少なくなっていたなと感じました。

意識して食事をしていかないと、どんどん衰えてきそうなので、

これらの食材を含むお弁当などを意識して

買っていこうと思いました。

 

 

 

-生活習慣病予防, 筋肉編, 運動, 食材編

Copyright© 中年男が気になる情報サイト , 2018 AllRights Reserved.