生活習慣病予防 筋肉編 運動 食材編

中年男が鍛えるべき筋肉は【下半身】|力を取り戻す食材とは?[男が病気にならない生き方]で解説

更新日:

 

 

男の健康は足腰で決まる!

下半身の強さは男の強さと比例する!

2017年3月現在で私の年齢は39歳です。

まだまだ年齢では若い方ですが、40代まであと1年。

最近の健康診断でも今まで問題が全くありませんでしたが、

ここ2・3年で急にレッドカードになった項目も出てきました。

日々 忙しい中で運動不足を感じています。

フィットネスジムの会員にもなっていますが、

仕事・育児でまとまった時間が取れないのを理由にさぼっているのが現状です。

そんな時 私が見つけた本が「男が病気にならないならない生き方」です。

参考になる事が多く書かれていていて読みやすい本でしたので、

中年男の参考になればと思い記事にしました。

本の内容を1部引用し、私の意見や体験談を含めて紹介します。

 

 

肉体疲労を回復させ、力を取り戻す最強食材

 

ニンニク・タマネギ・ネギ・ニラ

アリウム属の野菜たちも、優秀かつ有名な強壮・強精食材です。

アリウム族の野菜全般に共通していることは、

食べると体内がカッとなり、発熱作用が高まることにあります。

 

つまり、食べる事で体内の血行をよくしてくれます。

 

さらに特有の強烈な香りの素である[硫化アリル]は、

ビタミンB1と結合して、ビタミンB1の吸収力を高め、

体力と気力の回復に効果を発揮します。

これが滋養強壮に効き、古くから強精食品として重用されてきた理由です。

 

とくにニンニクは、スコルヂニンという成分によって

男性ホルモンの分泌を活発にし、精子の産出量を増やしてくれる

抜群の強制食品です。

 

強壮にも優れ、古代エジプトのファラオ(王)たちは、

ピラミッドを建設する際に奴隷たちにニンニクとタマネギを食べさせ、

仕事の効率を上げていたといいます。

 

欧米でも、ボクサーや競輪選手といった体力消耗の激しいスポーツ選手達は、

タマネギやニンニクを必須食品として常食している。

必要最小限の食物した携行できない登山家も、

行程の厳しい高山に昇る際には、体力回復に効果が高い効率的な食材として

タマネギを常用し、生のままかじるそうです。

 

セロリ

 

セロリも下半身に効く食材の一つです。

ヨーロッパでは古くから薬草として使われており、

古代ギリシャの医者たちは万能薬としてセロリを活用していました。

その使用法も利尿剤、解熱剤、胃薬と広く用いられたそうです。

 

カキ

 

滋養強壮に優れ、強精効果も高いとされてきた食材のなかでも、

とくに下半身の力を強力にアップさせてくれる食べ物がカキです。

 

カキは[海のミルク]と呼ばれ、豊富なミネラルを含む優良食材として

知られています。

なかでも特筆すべきは、亜鉛の含有量が

(100g中0.07g)と非常に多く含まれています。

数ある食材のなかでもダントツの高さを誇ります。

 

ショウガ

 

野菜の中で亜鉛を多く含むのがショウガです。

(100g中0.1g)の亜鉛が含まれており、

ショウガはカキ以上の含有量を誇る優秀食材です。

 

ショウガは更に、体を温めて発刊を促し、全身の血行も良くしてくれます。

体熱を上げて体を健康にしてくれる強壮食品でもあります。

 

英語の[ginger]には、[意気、軒高、元気]という意味がありますが、

科学的にも全身の細胞の新陳代謝を促進させる、

脳を刺激して全身の機能を高め、気力・体力・免疫力を上げてくれる

などの効果が証明されています。

心身両面から精力を高めてくれる食材であるため、

先のカキと合わせて食べれば効果絶大といえます。

 

ゴマ

 

健脳食として名高いゴマも亜鉛を多く含む、理想の強壮・強精食品です。

黒ゴマは白ゴマと比べて脂肪分も少なく、鉄分やカルシウム・マグネシウムなどの

ミネラルやビタミンB1をはじめとしたビタミン類がたっぷり含まれています。

亜鉛と並ぶセックス・ミネラルとして有名なセレンも多く含有されており、

鉄分による増血作用、亜鉛とセレンによる男性機能回復作用で、

元気のない下半身に活力を与えてくれます。精力回復には心強い食材です。

 

エビ・イカ・タコ・貝類

 

エビ・イカ・タコ・アワビなどの貝類も亜鉛含有量の高い食材です。

なかでもエビは、頭と胸の後ろにある白い色をした精巣部分に

強い強精効果があるそうです。

これらの食材には含硫アミノ酸のタウリンもたくさん含まれており、

精力増強・筋肉疲労の除去といった効果の他、

肝臓の解毒作用の強化、血中コレステロールの減少、インスリン分泌の促進など、

健康促進にも効果を発揮してくれます。

コレステロールを心配して食べるのを控えている方もいるが、

1977年大阪大学医学部内科教授の山村一 博士による検査で、

魚介類のコレステロール含有量は低い事が証明されています。

 

タケノコ

 

タケノコも亜鉛含有量の高い食品です。

その量はアサリやハマグリと並びます。

またチロシンというアミノ酸も含まれており、

ドーパミンやノルアドレナリンなどの

やる気と集中力を高める神経伝達物質の元となります。

相似の理論で言っても、土中に埋まっているタケノコは

紛れもなく下半身に効く食材。

 

ザクロ

 

ザクロも亜鉛を多く含みます。

それだけでなく、テストステロンの合成と分泌を促す作用もあります。

中国では昔から「ザクロを食べると子宝に恵まれる」と言い伝えられています。

生のザクロは手に入りにくいですが、ジュースは売られていますので、

男性力の回復の為に積極的に飲むと良いそうです。

 

[男が病気にならない生き方] 参考書籍

 

男が病気にならない生き方

 

関連記事

中年男が鍛えるべき筋肉は【下半身】|下半身運動を動画で紹介。

中年男が鍛えるべき筋肉は【下半身】|体力と精力に自信がない男性に効く根菜類。

中年男が鍛えるべき筋肉は【下半身】|力を取り戻す食材。

中年男が鍛えるべき筋肉は【下半身】|疲労回復の方法と生活スタイルの改善方法。

まとめ

今回の記事はいかがだったでしょうか?

普段聞きなれている食材が強壮・強精に効果があることがわかりました。

ショウガは発汗作用だけだと思い込んでいました。

こうして記事にして書いてみると、いろいろと参考になります。

 

 

-生活習慣病予防, 筋肉編, 運動, 食材編

Copyright© 中年男が気になる情報サイト , 2018 AllRights Reserved.