姿勢の改善 生活習慣病予防

腰痛を緩和する毎朝30秒の簡単ストレッチとは?

更新日:

 

働き盛りの中年男性が腰痛に悩む日は多いのではないでしょうか?

腰痛と言っても日々のデスクワーク・運動不足など

長年の同じ生活姿勢で背骨の曲がりや

利き手や利き足が原因で、体の片側に力が掛かり結果として

血流が安定せず神経が圧迫され腰に感じる痛みや炎症が

腰痛の原因になったりするそうです。

 

仕事でも常に利き手側で重たいバックなどを長時間持っていると

背中が曲がってしまい肩が痛くなったりしていませんか?

 

他にも睡眠不足や疲労時、精神的なストレスでも腰に痛みを

感じやすくなります。

 

この様な場合に有効なストレッチが

 

[毎朝30秒正座をする事!]

 

どうです?簡単ではありませんか?

正座をすると、左右均等に太ももとふくらはぎを圧迫。

その圧迫が左右均等の血流を促し、結果として背骨をまっすぐに整えてくれます。

姿勢を正し、背骨がまっすぐになれば、偏った重心が改善。

腰痛の緩和に繋がります。

 

朝起きて30秒で腰痛が緩和するこのストレッチ。

ぜひ習慣にしてみてはどうでしょうか?

 

その他の解消方法としては、左右同じ動きの運動をする事。

例えば、マラソン・自転車など左右同じ動きをする運動も効果的です。

日頃からの体操・ストレッチが重要なんですね!

 

 

 

 

 

-姿勢の改善, 生活習慣病予防

Copyright© 中年男が気になる情報サイト , 2018 AllRights Reserved.