7月・8月・9月

7月の行事【七夕・お盆・土用】の意味と由来とは?

更新日:

 

7月《文月(ふみつき)》

 

7月に書の上達を祈る月。元々短冊には歌や文を書いて、

その上達を祈ったそうです。

 

 

『七夕とは』

 

 

7月7日は五節句の一つ七夕です。

中国から伝わった星伝説とは、天帝の娘で機織りが上手な織女と働き者の牽牛との恋物語です。

恋に夢中になった二人は働かなくなりました。

そこで天帝は二人を天の川の両岸に引き離して、

年に一度だけ七夕の日に合うことを許したという伝説です。

この伝説と、7月7日に神様が降りてきて人々の穢れを祓ってくれるため、

穢れを知らない乙女が機を織って神の衣を作って差し出すという

日本古来の棚機女(たなばたつめ)という伝説とが融合したのが、

七夕の行事となって今日に伝わっています。

七夕のときは願い事を書いた五色の短冊を笹の葉に結び付け、

前の晩から飾るという習わしがあります。

今日では、専ら子供たちが願いを込めて短冊を書くという楽しい行事になっています。

 

『お盆とは』

 

 

地方ではひと月遅れの8月15日に行いますが、東京などの都会では7月15日に行うことが多い行事です。

お盆は正式には「盂蘭盆会」といい、先祖の霊を供養する行事です。

お釈迦さまの弟子が、自分の母親が地獄で餓鬼道に落ちて苦しんでいるのを救うため、

釈迦の教えに従い、7月15日に供養したという説話に由来しています。

それが日本の祖霊信仰を結びついてお盆の行事となりました。

15日を中心に13日から16日にかけて行うのが一般的です。

 

13日の迎え日には、先祖の霊を迎えるため、

仏壇の前に精霊棚を作り、キュウリやナスのお供えをして、迎え火を焚きます。

先祖の霊が迷わずこの火を頼りに戻ってくるという考えからです。

キュウリは馬の代用で、先祖の霊が早く乗ってこれるように、

ナスは牛の代用で、先祖の霊がなるべくゆっくり帰れるようにとの願いを込めたものです。

迎え火を焚くときは、まず門を開け放しておき、

玄関先で焙烙(ほうろく)と呼ばれる素焼きの平皿に苧殻(おがら)を入れて燃やします。

火を消すときは、ミソハギを水に浸してナスの上でいったんかざし、

苧殻にかけて消し止める風習がある地域もあります。

お迎えが終わったら仏壇に線香を手向け手を合わせます。

提灯はお盆の期間中常に点灯しておきます。

最近では火災の危険があるので電灯に変わっています。

 

16日の送り日には祖先の霊をあの世に戻っていただくため、送り火を焚きます。

焚き方は迎え火と一緒です。

送り火は地域の伝統行事となっていることが多く、京都の大文字焼きは特に有名です。

その年か前の年の盆以降に亡くなった人がいる家庭では、

新盆といって提灯を新しくして飾ります。親戚がお参りに来たり、

僧侶を招いて読経してもらうこともあります。

 

『土用とは』

 

 

土用は立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間をいいます。

したがって1年に4回あるわけです。

今日では専ら立秋前の夏の土用のことを指します。

土用の丑の日には夏バテを防ぐために滋養のある鰻を食べるという習慣が定着しました。

夏に食欲がなくなり、売り上げの落ちる鰻屋が儲かるように、

江戸時代に平賀源内が宣伝し始めたといわれています。

 

-7月・8月・9月
-

Copyright© 中年男が気になる情報サイト , 2018 AllRights Reserved.