仏様とは お寺 韋駄天

韋駄天の魅力から特徴・由来とは。[俊足]の代名詞になっている仏様

更新日:

 

仏教で韋駄天と言えば四天王の増長天が従えている八将軍の主領になっています。

※増長天とは:

増長天は広目天、持国天、多聞天、と共に四天王の一神で、南方を護る守護神とされています。

聖なる山とされる須弥山(しゅみせん)の南瑠璃埵(みなみるりた)に住み、

帝釈天が住む頂上にある喜見城を南の方角から来る悪から護っています。

 

伽藍(寺院)を守っているとされ、食料調達に長けていたと言われています。

 

韋駄天の魅力・由来とは

釈迦如来が入滅したあと、足疾鬼がその遺骨(仏舎利)を奪い逃げたのを追って取り戻したためともいう。 

これは、経典にはない俗説だとも言われていますが、

このことから足の速し者のことを[韋駄天]と呼ぶそうになったそうです。

 

韋駄天の特徴とは

甲冑(かっちゅう)をつけた姿で合掌し、その手に宝棒か宝剣を載せている場合が多いです。

京都・泉湧寺(せんにゅうじ)などに数少ない立像が見られます。

 

 

 

 

 

-仏様とは, お寺, 韋駄天

Copyright© 中年男が気になる情報サイト , 2018 AllRights Reserved.