4月・5月・6月 風水 4月8日 花祭り

【風水】花祭り:4月8日はお釈迦様の生まれた日|初心に返り自分を振り返る日です。

更新日:

 

 

4月8日はお釈迦様の生まれた日|初心に返り自分を振り返る日です。

 

 

四月八日は仏教の開祖・お釈迦様さまが生まれた日。

 

お釈迦様はインドの王様の家に生まれ、

三十五歳で悟りを開いてから、八十歳で入滅します。

 

お釈迦様の誕生日を祝う行事が、花祭りです。

 

日本では聖徳太子の提唱で行われたのが最初と言われています。

 

お釈迦様は生まれた直後、右手を天に、左手を大地に向けて

 

[天上天下唯我独尊]とおっしゃったそうです。

 

[天にも地にも、自分より尊いものはない]という意味で、

 

これはお釈迦様だけを指すのではなく、人間一人一人がそうである。

ということです。

 

そのとき天から九匹の龍が現れ、お釈迦さまに甘く清らかな水を注いで産湯を使わせた、

という説があります。

 

花祭りの日にお寺へ行くと、

たくさんの参拝客がお釈迦様の像にひしゃくで甘茶を三回注ぎ、

心をこめて拝みます。

 

甘茶はアマチャヅルの葉を乾燥させて煎じ出した飲み物で、

お参りした人たちにも振舞われます。

 

そしてこれを飲むと[無病息災でいられる]そうです。

 

春の花が咲き誇るなか、静かな環境でお釈迦様を拝んでいると、

世俗のストレスがすーっと背中から離れていきます。

 

[人は幸せになるために生まれてきた]

 

[どこまで幸せになれるのか試すのが人生]

 

[幸せになるのに遅すぎる事はない]

 

これらの言葉が、素直に心の中にしみ入ってくるはずです。

 

お寺に行く時間が無い人も、この日は家に花を飾り、

甘茶でも飲みながら、自分は何の為に生まれてきたのか?

初心に返りじっくり考えてみてはどうでしょうか?

 

関連記事

お月見

重陽の節句

お盆

夏の土用の丑の日

お中元

夏越しの大祓

お宮参り

端午の節句

花祭り

お花見

春のお彼岸

ひな祭り

出産祝い

 

 

『参考書籍』

[Drコパの日本のしきたり風水術]より引用しています。

 

『まとめ』

 

今回の記事はいかがだったでしょうか?

4月8日。1年に一度は自分を振り返りこれからを考える日にしたいです。

 

 

 

-4月・5月・6月, 風水, 4月8日 花祭り

Copyright© 中年男が気になる情報サイト , 2018 AllRights Reserved.