1月・2月・3月

2月の行事【節分・立春・建国記念日】の意味と由来とは?

更新日:

 

2月《如月(きららぎ)》

 

肌寒い季節に寒すぎて、服(衣)を重ねる為

[衣更着(きらさぎ)]と呼ばれるようになりました。

 

『節分とは』

節分は大晦日の行事だった!

本来節分というのは、立春、立夏、立秋、立冬の前の日をいいます。

旧暦の立春のころが年の始めとされていましたので、

専ら立春の前日を節分というようになりました。

立春を新年としますと、節分は大晦日に当たります。

この日には豆まきをする習慣があります。

豆まきは昔、宮中行事として行われていた追儺(ついな)の儀式に由来しています。

悪霊を退散し、穢れを取り除く儀式として、

その年の年男(年齢が12の倍数の人)が三方または一升枡に入れた豆を神棚にお供えした後、

「鬼は外」「福は内」と大声で唱えながらまきます。

年男の代わりに一家の家長や跡取り息子がその役目をする場合もあります。

 

豆は炒った大豆が使われますが、最近では落花生が使われることも多くなりました。

そして年齢より一つ多い数の豆を食べます。

これは翌日の立春で一つ年を取ると考えられていたためです。

[炒り豆]をまく理由

節分では主に[炒り豆]が用いられますが、これは生豆を使うと後で芽が出て縁起が悪いと考えらた為。

[豆を炒る]とは[魔目を射る]、つまり【魔を滅する】という意味があったと考えられます。

強い臭気を放ち鬼が嫌がるイワシの頭と、鬼の目を突く柊の葉を戸口に挿し、

鬼が逃げ出して二度と家内に入らぬようにしました。

 

 

しかし、鬼は追い払われるというよりも

祖先の霊が鬼の姿になって悪霊を追い払ってくれるのです。

秋田地方に伝わるナマハゲも鬼の一種で、祖先の霊が悪霊を追い払ってくれると信じられていたからです。

 

『立春とは』

 

古く自然暦の時代には、1年を春・秋の2つに分け、春が1年の始まりと考えられていたため、

決まり事や季節の節目はこの日が起点になっています。

八十八夜、二百十日、二百二十日も立春から数えた日数を表しているのです。

また、立春以前に生まれた人の干支は前年の干支になります。

還暦、古希などの祝いや厄年も暦年でなく、この年齢で表します。

 

『建国記念日とは』

 

日本の国民の祝日の一つで、日本の建国を祝う日とされています。

これは古事記や日本書紀で初代の天皇とされる神武天皇が即位された日が元になって制定されています。

この日は紀元前660年1月1日に当たりますが、

明治になってから新暦に直して2月11日になりました。

戦前は「紀元節」という名称でした。

 

現在の祝日に関する法律の正式名称では「建国記念の日」と「の」を付けます。

これは歴史的に不確かな天皇の即位日とは関係なく、

単純に建国という事実を祝うとしたためです。

 

7月4日のアメリカの独立記念日、7月14日のフランスの革命記念日のように

具体的に建国した日が定まっているわけではありません。

従って日本では「記念日」という名称が使えないわけです。

 

 

-1月・2月・3月
-

Copyright© 中年男が気になる情報サイト , 2018 AllRights Reserved.