生活に役立つ知恵

お金を節約したいなら、エアコンを使わずに部屋を涼しくさせる方法で!

更新日:

 

 

年々暑くなる日本の夏、昼夜エアコン無で生活するのは無理だと思ってしまいます。

しかし、何時間もエアコンを付けると気になるのが電気代。

簡単ですが電気代がいくら位になるのか?調べました。

 

気になるエアコンと扇風機の電気代は?

一般のエアコン(400W)6~9畳当りの電気代は

1日(10時間)およそ 100円

1ヵ月でおよそ 3,000円位になるそうです。

エアコン1台でこんなに高い電気代になります。

 

それに対し一般の扇風機(35W)の電気代は

1日(10時間)およそ 1円

1ヵ月でおよそ 260円位になるそうです。

 

この金額の差は非常に大きいですね!扇風機はエアコンの1/10位です。

 

この差を知ってしまえば、扇風機を有効につかえば、かなり電気代を節約

出来るのではないでしょうか?

 

扇風機の有効な使い方とは

では、扇風機の有効な使い方

その方法とは・・・

 

※扇風機を置く位置に気をつける事です!

まずは部屋の状況確認。蒸し暑い空気が流れず、こもって滞っている場合、

扇風機を窓側に向けます。

なぜなら扇風機は背面側の空気を吸って前面から押し出すので、

部屋のこもった空気を外に出してくれます。

 

これで室内のこもった空気が抜けてきます。

 

暫くして、部屋の内部の空気が澄んできたら、

今度は扇風機を窓を背にする向きに変更します。

 

先程と同じ考え方で、外の冷たい外気を取り込んだ空気が部屋に入ってくるので、

涼しくなります。

 

⇒最新のダイソン扇風機はこちらから

 

まとめ

電気代の比較をすれば、扇風機を使う方がお得なのは間違いありませんでした。

ただ、後は使い方だと思います。

部屋を早く涼しくしたいなら、エアコンが優位です。

エアコンと扇風機の組み合わせも広い部屋も効果的に涼しくする事が出来ます。

快適性か?節約か?はその時の判断で決めても良いと思いました。

 

 

 

 

 

 

-生活に役立つ知恵

Copyright© 中年男が気になる情報サイト , 2018 AllRights Reserved.