花粉症

2017年静岡県の花粉飛散状況を予想!予防と対策を紹介します|食生活での心がけとは?  

更新日:

 

 

 

2017年静岡県の花粉情報|2017年は前年の2倍~6倍予想!|食生活での心がけとは?

 

 

 

花粉症対策には、緑黄色野菜・果物に多く含まれるβカロテンやビタミンC、ポリフェノールなど、

抗酸化作用のある栄養素が有効。

花粉症を悪化させる活性酸素を減らす効果が期待出来ます。

 

また、免疫機能が乱れると、花粉症などのアレルギー疾患を引き起こしやすくなります。

 

人の体で免疫機能に大きく関わるのは腸。

腸内環境をよくし、腸の働きを整える事は、免疫機能に大きなプラスとなります。

日頃から乳酸菌を多く含むヨーグルトや漬物、

発酵食品や食物繊維の摂取を心掛けるようにしましょう。

 

 

『花粉症は遺伝する』

 

 

親が花粉症の場合、その子供も花粉症を発症しやすい傾向があります。

 

しかし、遺伝要因というよりも食生活などの環境要因のほうが強いとされます。

親の食傾向は子供に影響する為、

花粉症対策に有効な抗酸化作用のある食材や発酵食品が食卓にあまり上がらない家庭は、

花粉症を発症しやすい環境ともいえます。

 

 

『参考資料』

 

パブロン鼻炎カプセルSa 花粉症予防の資料を引用しています。

 

菅野澄雄先生(監修)  菅野耳鼻咽喉科院長

 

 

『まとめ』

 

 

今回の記事はいかがだったでしょうか?毎日の食生活の中にも花粉症対策を取る事が出来ます。

意識してこれらの食品を摂るように心がけて生活したいと思います。

 

 

 

 

-花粉症
-

Copyright© 中年男が気になる情報サイト , 2018 AllRights Reserved.