ドライアイ症状チェック|自分で出来る簡単対策方法を紹介

更新日:

 

 

ドライアイとは?

ドライアイは、目を守るのに欠かせない涙の量が不足したり、

涙の質のバランスが崩れることによって涙が均等に行きわたらなくなる病気であり、

目の表面に傷を伴うことがあります。

いわばドライアイは涙の病気といえます。

ドライアイ患者さんも増えており、その数は2,200万人ともいわれています。

 

ドライアイの原因とは?

ドライアイは、目の疲れが原因だと思われていますが、目が疲れていなくても

コンタクトレンズが合わない・高ストレス・部屋の感想・大気汚染・紫外線

などによっても起こるそうです。

 

ドライアイの症状チェック

 

ドライアイを自分で治す方法

 

方法① パソコンでの作業・読書・事務仕事などは2時間続けたら10分休憩を

 

法② 意識的なまばたきで目の感想を防ぐ

パソコンやスマホを見ているとまばたきの回数が減るので乾燥してしまいます。

 

方法③ 加湿器で部屋の保温を

部屋の乾燥が目の乾燥に繋がります。

 

方法④ ブルーライトを意識してカットする。

パソコンなどのブルーライトがドライアイだけでなく近視・眼精疲労の原因になります。

ルテインサプリの摂取がおすすめ 

 

方法⑤ パソコンの画面は目より下に置く

目より上にパソコンを置くと目を大きく開くことになり目の乾燥に繋がります。

 

方法⑥ エアコンの風に直接当たらない様にする

 

方法⑦ ドライアイ専用の目薬を使う

 

まとめ

今回の記事はいかがだったでしょうか?

ドライアイは自覚する事が大事だと思います。

毎日パソコンやスマホを見る生活になり目を常に酷使する状態になっています。

自分の目の状態を意識して毎日を過ごしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

-

Copyright© 中年男が気になる情報サイト , 2018 AllRights Reserved.