生活習慣病予防 脱メタボ 食材編

チョコレートでダイエット効果?ポイントはカカオ量と食べ方!

更新日:

 

長い間、チョコレートはダイエットの敵だという固定概念がありました。

しかし、チョコレートも種類と食べ方に気を付ければダイエットの味方

になる食材ともわかり記事にしました。

 

きちんとした方法でチョコレートを食べなければ効果はありませんが

甘いものでダイエット効果があるのなら試してみませんか?

 

そもそもチョコレートに含まれる成分として

  • 食物繊維⇒腸内環境を整えてくれます。
  • カカオポリフェノール⇒代謝をUPしてくれます。
  • ポリフェノール⇒血流も良くなり冷え性の改善

高いカロリーがあるチョコレートですが、効果もありますので全て我慢する必要のない食材とわかります。

 

食べ方としては、

  • 1日の量も板チョコ1/2を限度して食べる事(約50g)
  • 食前10分前に食べる⇒食べ過ぎを防ぐ狙い
  • 食後に食べる⇒もう少し食べたいという食欲を防ぐ狙い
  • [重要]カカオ70%以上を選ぶ事。

⇒カカオの量が多ければ良いとされていますが、

実際カカオ90%以上のチョコレートは美味しくないと個人的には思いました。

70%以上なら美味しいと感じたのでここでは70%以上としています。

カカオの成分であるカカオポリフェノールが海外では薬として使われるほどバランスの良い栄養素となっています。

その他にストレス解消などのリラックス効果・肌の炎症を治す効果・血行を良くする効果があり、

近年特に注目されている食材です

が注意点としてあります。

 

以上の点を守れば満腹中枢が刺激され、食べ過ぎを防ぎ必要以上のカロリー摂取の制限になります。

その結果としてダイエットの効果に繋がると思います。

 

 

 

 

 

-生活習慣病予防, 脱メタボ, 食材編

Copyright© 中年男が気になる情報サイト , 2018 AllRights Reserved.