お寺 護摩焚き

護摩焚き(ごまたき)がもたらす現世利益とは

更新日:

 

 

護摩(ごま)は火を用いて祈祷を行う儀式です。

護摩は[供物を火に投げ入れて祈願する]という意味のサンスクリット語[ホーマ]の音写で

密教儀式として内容を整えたものです。密教では、護摩木を煩悩、火を智慧の表現とし、

智慧の火で煩悩の護摩木を焼き尽くす事を意味しています。

中国から日本に護摩を伝えたのは、

唐から密教を学んで帰った真言宗の開祖[空海]とされています。

 

護摩祈祷の流れ

護摩祈祷をする際には、

まず不動明王(ふどうみょうおう)や愛染明王(あいぜんみょうおう)などの

本尊の前に護摩壇が置いてります。

そこに信者が奉納した護摩木を入れて勢いよく燃やし、供物(くもつ)を投じていきます。

 

※供物とは寺院や祈願の種類にもよりますが、五穀(米・大豆・小麦・オオムギ・小豆)が

一般的です。

 

護摩祈祷の炎が意味する事とは

護摩木を燃やす時の火は不動明王や愛染明王などの火であります。

その為、仏教的には[仏の智慧(ちえ)の火]とされています。

投げ込まれる護摩木もただの木ではなく、人間の煩悩に見立てられています。

           つまり、

護摩祈祷とは我々人間の煩悩を仏の智慧の炎で燃やし尽くす儀式です。

 

護摩祈祷がもたらす現世利益

護摩には煩悩を燃やすだけでなく、多くの現世利益があると言われています。

息災(無病息災や家内安全)

増益(商売繁盛・幸福祈願)

調伏(敵や悪をくだす)

敬愛(人間関係・恋愛関係の向上)など

 

 

 

-お寺, 護摩焚き

Copyright© 中年男が気になる情報サイト , 2018 AllRights Reserved.